もくロックについて



日本の木で作られた、
こどものためのブロック。

もくロックは、大事なこどものためのブロックなので、すべて国産材を使っています。一般的に国産材は外材よりも加工が大変です。しかし国産材には外材にない、厳しい四季を生き抜いてきた独特な手触りがあります。こどものためのブロックなので、手間を惜しまず、良いものを届けたい。もくロックはそんなブランドです。

日本の木は多種多様。

もくロックはサクラ、カバ、シデ、ケヤキ、ホオ、カエデ、クリ、ブナ、ミズキなどを使って作られています。
多種な木に触ってもらって、その違いを感じ取ってもらい、子供に日本の多様性を気づいてもらいたい、そんな願いがこめられています。
大人も是非お手元に届きましたら、木種の違いを確かめてみてください。小さなブロックからの小さな学びがあるかもしれません。

自然に優しいもくロック。

もくロックの材料となる木材は、径が細かったり・曲がっていたりと良材にはなれなく木材チップ等が主な用途となる利用価値の低い木を使っていますが、中には間伐木材も入る事があります。
間伐材とは?
森林を育てる中で、木々が密集してしまうと日光が当たらず、正しく育たない状態になってしまうので、曲がったり細かったりする木を間引く過程で、間引かれて使い道が少ない木が間伐材です。
それでも手触り、質感、木材としての資質は普通の木となんら変わりません。
大事な自然を大事に使いたい、そんな気持ちをもくロックは持っています。

作り方は自然次第。

制作工程で一番大変な作業が乾燥です。国産木材は特徴が様々、きちんと乾燥をさせないと歪んでしまったり、正しく遊べません。
また削る作業も非常に繊細、1/100mm単位まで厳密な切削が求められています。
プラスチックのように大量生産は出来ないのが難点です。

自然に優しいもくロック。

もくロックは大事な自然からのお裾分けで成り立っています。大事に木を加工していますが、自然は有限。少しでも長く自然と付き合うために、少しでも大自然を守るために、もくロックでは山を守る活動をしています。
不要なもくロックを元々あった場所に戻すために、使い終わったもくロックは下記住所まで返送いただければ、我々が責任を持って山へ返します。
また、もくロックでは地域と連携して、通称「もくロックの森」で毎年植樹を実施しています。通算400本以上の木を植えていて、今では山の緑が増えたと実感できるようになりました。もくロックが続く限り、植樹は毎年実施していく予定です。近隣に住んでいて、植樹を一緒にやりたい方がいらっしゃれば、ぜひご連絡をください。一緒に後世に残す自然を育てましょう。

使い終わったもくロックは「〒992-0021 山形県米沢市花沢3075番地1 もくロック事業部」まで、森へ返すことを明記の上お送りください。大変恐れ入りますが送料は元払いとなります。